{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
キャッシュレス
  • ダイエット
  • 美容
  • 健康食品
  • セレクトフード
  • ビタミン・ミネラル
  • スポーツ
  • ゴルフ用品
  • 健康グッズ
  • ベビー・マタニティ
  • 化粧品・コスメ
  • 生活雑貨
  • 衛生用品
  • ペット用品
  1. HOME
  2. スポーツ
  3. プロテイン・サプリメント
  4. メダリスト
  5. メダリスト クエン酸 170ml携帯用 4.5g×30袋 【アリスト】
  1. HOME
  2. ブランド別
  3. メダリスト
  4. メダリスト クエン酸 170ml携帯用 4.5g×30袋 【アリスト】

メダリスト クエン酸 170ml携帯用 4.5g×30袋 【アリスト】

商品番号 ali-003
定価 ¥ 1,944
販売価格 ¥ 1,944 税込
[ 18 ポイント進呈 ]

「アリスト メダリスト クエン酸 170ml携帯用 4.5g×30袋」は、クエン酸やアミノ酸など36種の栄養がバランス良く入った健康飲料です。1袋で1058mgのクエン酸が補給できます。1袋4.5gを、170mlの水に溶かしてください。水に溶けやすい顆粒タイプ。酸味をおさえ、飲みやすくしています。持ち運びに便利な携帯用。

★出荷日数目安 こちらの商品は、通常2~3営業日で出荷となります。
商品名 メダリスト クエン酸 170ml携帯用 4.5g×30袋 【アリスト】
内容量 4.5g×30袋
メーカー名 アリスト
ブランド メダリスト
素材・原材料・成分 ショ糖(甜菜糖)、 クレアチン、 茶抽出物、 酵母エキス、 無臭にんにく、 クエン酸、 トレハロース、 乳酸カルシウム、 アミノ酸ミックス(アラニン、グリシン、バリン、アルギニン、ロイシン、リジン、アスパラギン酸Na、イソロイシン、ヒスチジン、シスチン、フェニルアラニン、トレオニン、トリプトファン、メチオニン、グルタミン酸Na)、 ビタミンC、 クエン酸Na、 硫酸マグネシウム、 香料、 甘味料(スクラロース)、 塩化カリウム、 ビタミンB2、 クエン酸第一鉄Na、 ナイアシン、 ビタミンE、 パントテン酸Ca、 ビタミンB6、 ビタミンB1、 ビタミンA、 葉酸、 ベータカロチン、 ビタミンD3、 ビタミンB12
お召し上がり方 1袋4.5gを、170mlの水に溶かしてください。水道水で溶かしても構いませんが、ミネラルウォーターや浄水器をとおした水を使用すると、いっそう美味しくなります。
保存方法 直射日光、高温多湿を避け常温で保存してください。
その他 ■栄養成分表1袋4.5g中
エネルギー 15.8kcal、 たんぱく質 0.27g、 脂質 0g、 炭水化物 3.9g、 ナトリウム 20mg
原産国または製造国 日本
賞味期限 パッケージまたはラベルに記載
広告文責:株式会社健人 電話番号 048-252-3939
区分:スポーツ

こちらもおすすめ

前へ
次へ
こんな所がおすすめ

クエン酸 メダリストとは?

メダリスト、クエン酸やアミノ酸など36種の栄養がバランス良く入ったスポーツ健康飲料です。水に溶けやすい顆粒タイプで、酸味をおさえ、飲みやすくしています。多くのアスリートが使用しているロングセラー商品です。

クエン酸とは

クエン酸とはどんなものか、ご存知ない方もおられると思いますが、日常食べる梅干し(1個に1g のクエン酸)やレモン(1個に4gのクエン酸)に含まれている酸味のもとですよ、といえばおわかりいただけるでしょう。私たちが古来から親しんできた柑橘類には、このようにクエン酸が含まれており、健康食として利用してきました。クエン酸は最高においしい酸味で、食品のかくし味や私たちの健康に役立つ重要な食品の一つといえるものなのです。

アミノ酸とは

タンパク質を構成する“部品”が20種類のアミノ酸です。そのうち体内で合成できない9種類のアミノ酸を“必須アミノ酸”、体内で合成できる11種類のアミノ酸を“非必須アミノ酸”と呼んでいます。アミノ酸が一つでも欠けると、体のバランスは崩れていきます。常に健康な体を保つためには、毎日の食事においてタンパク質を十分摂取し、アミノ酸が不足しないように心がけることが大切です。

クレアチンとは?

クレアチンは生体内ではアルギニン、グリシン、メチオニンの3種のアミノ酸から合成される有機物です。動物の筋肉の中に含まれているため肉や魚といった食品に含まれています。人体では95%が筋肉に存在しています。

ご注意

●原材料をご確認のうえ、食品アレルギーが心配な方は、ご使用をお控えください。
●体質や体調によってまれに身体に合わない場合があります。異常を感じましたらご使用を中止してください。
●おすすめします摂取量を目安として、摂りすぎにご注意ください。
●薬を服用、もしくは通院中の方は、お医者様にご相談のうえ、お召し上がりください。
●毎日の食生活は、主食、主菜、副菜を基本としたバランスを。

ヘルシーグッドのランキングページはこちら